事例紹介

本当にあったお弁当の怖い話 本当にあったお弁当の怖い話

この話は、実話を元にしたフィクションです

これは、毎日のお弁当注文管理を紙でおこなっていた企業の話です。

この企業では、お弁当を頼みたい従業員が注文シートに自分の名前を書き、〇をつけていました。

しかし、「頼んでいないのにお弁当が注文されている」「頼んだのにお弁当がない」などのトラブルが不定期に発生するように…

このようなトラブルが起きるたびに総務の発注担当者は対応しなければなりません。

お弁当が足りない場合は、自分のお弁当を代わりに提供したり、近くのコンビニまで調達に走ったりしていました。

あまりにもこのような問題が多いため、自分の注文ミスではなく、誰かの嫌がらせなのではないかと疑いの気持ちが芽生えてきたそうです。

しかし、原因を特定することはできず、ストレスによる体調不良まで引き起こすように…

総務担当者の上長もようやく腰を上げ、システムを導入した結果、今まで起きていた問題がなくなり、担当者も生き生きと本来の総務の仕事に取り組めるようになったそうです。

お弁当発注担当者がシステムの管理者になった今では、その人の機嫌を損ねると”お弁当が食べられない”と言われているとか…

本当に怖い話です…

導入されたお客様の声

  • 朝のお弁当とりまとめ工数が0に、総務本来の業務に時間を活用できるように

    システム導入前は、お弁当のとりまとめに朝の時間が奪われて、総務本来の業務に集中して取り組むことができていませんでした。システム導入後は、朝のお弁当とりまとめ工数が0になり、朝から気持ちよく働けるようになりました。

  • 弁当発注の負担が低減、福利厚生の一環で弁当業者を増やすことができ、従業員の満足度が向上

    システムの導入により煩雑だったお弁当の発注業務の負担が減少しました。それにより、福利厚生の一環として、これまで従業員から要望のあった「複数業者へのお弁当発注」が可能になりました。お弁当注文時の選択肢が増えることにより、従業員の満足度が向上しました。

  • お弁当に関するトラブルが減少、発注担当者のストレスも低減

    手作業でお弁当の注文管理をしていたときには、お弁当に関するトラブルが多発していました。「注文していたのに自分のお弁当が無い」「頼んでいないのに給与天引きされている」などのクレームが多発していました。システムを導入することにより、そういったトラブルが減少し、発注担当者のストレスも低減しました。

  • 派遣社員の弁当注文の請求書発行の手間に一苦労、システム導入により改善

    システム導入前は、派遣社員のお弁当注文について、それぞれ派遣会社毎に請求書を発行・送付しており苦労していました。システム導入後は、派遣社員の注文データにもとづいて、派遣会社への請求書が自動で発行できるようになり、管理の手間が低減しました。

  • 社員食堂からお弁当への切り替えをスムーズに実現

    以前は社員食堂を運営していましたが利用者が減少し、経費も多くかかることからお弁当への切り替えを検討していました。手作業で発注するには負担が大きかったためシステムを探していた時にこのシステムのことを知り、導入することにしました。できるだけ労力をかけず、新しい仕事を増やさずにお弁当への切り替えができて満足しています。

お弁当注文管理システム 「お弁当たのみませんか~?」が あなたのお弁当発注の悩みを
すべて解決します!